公益財団法人 磁気健康科学研究振興財団

Magnetic Health Science Foundation

研究助成金授与者

平成 8年度(平成 8年4月1日〜平成 9年3月31日) ※所属は研究助成決定当時のものです。

 
阿野 貴司

東京工業大学 資源化学研究所 助教授
高磁場の微生物におよぼす影響とその遺伝子解析
山本 勲

横浜国立大学 工学部 助手
生体構成物質のゾルーゲル移転に対する磁場の影響
藤原 英明

大阪大学医学部保険学科 教授
脂質二分子膜・液晶を対象とする新しい磁気共鳴測定法の開発と膜プロセスの解明
中垣 良一

金沢大学 薬学部 助教授
紫外線損傷反応の磁気化学的制御
笠原 多嘉子

昭和大学 医学部 第一生理学教室 助教授
悪性腫瘍の磁気療法に関する基礎的研究:交流磁気によるアポトーシス誘導
山田 外史

金沢大学 工学部 附属電磁場制御実験施設 教授
低周波変動高磁界における遺伝子および生化学反応への影響評価と医療応用への基礎的研究
濱崎 直孝

九州大学 医学部 臨床検査医学講座 教授
凝固調節因子間相互作用に及ぼす磁場効果に関する研究
岩橋 秀夫

和歌山県立医科大学 教授
プロスタグランジン代謝への磁場の影響
三浦 裕正

九州大学 医学部 附属病院整形外科 助手
パレス電磁波を用いた骨粗鬆症治療の試み
中嶋 英雄

慶応義塾大学 医学部 形成外科 助教授
交流磁場がヒト皮膚繊維芽細胞の増殖に及ぼす影響
弓削 類

広島大学 医学部 保健学科 助手
Magnetic Microparticleを利用したMechanical Tensionによる筋芽細胞の細胞化学的変化
小林 宏一郎

東京電機大学 理工学部 応用電子工学科 助手
脳磁界の三次元計測による複数信号源の推定に関する研究
飛松 省三

九州大学 医学部 脳研臨床神経生理 講師
磁気刺激による運動誘発電位を用いたヒトの歩行・姿勢反射制御機構の研究

戻る