公益財団法人 磁気健康科学研究振興財団

Magnetic Health Science Foundation

研究助成金授与者

平成12年度(平成12年4月1日〜平成13年3月31日) ※所属は研究助成決定当時のものです。

 
牛島 廣治

東京大学大学院医学系研究科 教授
ウイルスの細胞融合機能への磁場影響に関する研究
大島 敏久

徳島大学工学部生物工学科 教授
酵素の構造と機能に対する磁場の影響
大塚 邦明

東京女子医科大学医学部附属第二病院内科 教授
地磁気の周期性動揺と地磁気擾乱が心電図・心拍変動・血圧・血圧変動に及ぼす影響と心筋梗塞・脳卒中の発症予知・予防
喜多村 祐里

大阪大学大学院医学系研究科 情報伝達医学情報生理学 助手
運動神経系機能リハビリテーションにおける経頭蓋的大脳磁気刺激法の応用
周 棉

国立国際医療センター研究所臨床病理部超微細構造研究室 研究生
磁性ビーズと電磁波を用いた白血病細胞分離法、及び殺傷法の開発
滝川 守国

鹿児島大学医学部神経精神科 教授
高頻度磁気刺激の臨床治療と動物実験における脳の機能的可塑性の神経生理学的研究
谷本 能文

広島大学大学院理学研究科 磁気科学 教授
微生物の行動に対する強磁場の影響
千葉 惇

近畿大学医学部第1生理学教室 神経生理学 助手
パルス磁気刺激による脳・脊髄病変の検出と病変発症の予測
中井 敏晴

経済産業省産業技術総合研究所
ライフエレクトロニクス研究センター 主任研究官
超高磁場環境下の生体機能計測における神経自覚症状の研究
原田 秀樹

久留米大学医学部 麻酔 蘇生 助手
経頭蓋磁気刺激法が神経因性疼痛モデルラットの痛覚過敏に及ぼす効果
星 和人

東京大学医学部附属病院整形外科 医員
慢性関節リウマチ動物モデルに対する静磁場の影響
堀内 新一郎

東京工業大学大学院総合理工学研究科化学環境学専攻 大学院生
細胞の死滅が高磁場によって抑制されるメカニズムの解明
松浦 成昭

大阪大学医学部 病理学 教授
電磁場の細胞機能へ及ぼす影響に関する基礎的研究
Santi Tofani

Ivrea Hospital−ASL9 Director Medical Physics
Antitumor efficacy by Magnetic Fields
(磁気による抗がん作用)

戻る